NakamuraEmi

久々の衝撃。

まだ彼女の事を知って24時間経っていない。

しかし、このアルバムは本年度邦楽ナンバーワンだ!1月だけども断言。

 

本日発売という事でototoyが宣伝しているのを見て

なんとなく試聴してみた。

川本真琴を最初連想したが、何だかついつい引き込まれる歌世界。

10曲全てを試聴してみて間違いない!と確信して

FLACファイルでダウンロード、ポチッ。

 

今日の昼、いつもは飯食って寝ているのに

ホームページのライナーノーツ見ながら

全曲聴いた。

 

情報量の多い歌詞、しかしその言葉ひとつひとつが

心に突き刺さる。

33歳、夢を追う人間の素直な感情をさらけ出した歌が

もう共感しまくりで、完全にはまった。

 

”I”から”台風18号”へと続く流れが好き。

”女子達”は名曲だ。

自己紹介ラップ部分はうんうんと頷きながら笑いながら涙ながら聴いた。

 

疑問に思ったのはこのジャケット。

デビュー作なのに何故後ろ姿?

顔をばん!と出した方が絶対いいのに。

 

ライブの先行発売がCD購入者だけなのが残念ですが、

24bit/96kHzの元ファイルレベルで聴きたかったのでこれで良し。

 

NakamuraEmi、是非売れまくって欲しい。

デビュー作『NIPPONNO ONNAWO UTAU BEST』

捨て曲なし。ほんといい!

 

 音楽ナタリー インタビュー記事

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    鎌田浩宮 (金曜日, 22 1月 2016 16:09)

    たいしゅんさん、こんな音楽も聴くんだなあ。
    歌詞がはっきりと聞き取れて、気持ちのいいヴォーカルですね。

  • #2

    たいしゅん (金曜日, 22 1月 2016 20:18)

    >鎌田さん
    好きになるのは理由もカタチもないのさあ〜
    そうですね、やっぱり歌詞の表現方法が秀逸ですね。

  • #3

    tabala (金曜日, 23 2月 2018 09:24)

    たいしゅんさん、こんな音楽も聴くんだなあ。
    歌詞がはっきりと聞き取れて、気持ちのいいヴォーカルですね